営業部/中澤
(搬送)






営業部/遠川
(福祉レンタル)



海外営業部/堀岡



工事部/高野






デイサービス暖団
寺﨑

平成17年入社/技術部制御設計課(技術研究所)

鈴木 Suzuki

その独自の技術力は、幼少期に見かけたものだった

電気機器メーカー、特に独創的で魅力的な製品の開発に関われることを重視していました。そんな中、幼少期に地元・仙台の病院で見かけた天井を這いながら走る「自走式台車」を求人カタログの中から見つけ、日本シューターに応募しました。その後、宮城県の技術研究所の見学に誘っていただき、半日かけて研究所を見て回ったとき、実際の業務を目の当たりにして、独自の技術力に一目惚れしてしまいました。

親会社への出向を経て、地元宮城の研究所へ

本社、宮城県仙台市の技術研究所、親会社である村田機械の愛知県の事業所勤務を経て、現在は技術研究所に戻り、エアーシューター開発のソフト設計を担当しています。担当範囲は基板の組込み制御、デスクトップアプリ、Androidアプリ、Windowsタブレットソフトの設計・開発など、幅広くスキルアップが望めます。新しい技術への挑戦も前向きに取り組める企業風土なので技術者冥利に尽きる職場です。

忘れられない、はじめての開発経験での失敗

入社5年目のことです。はじめて開発を担当したエアーシューターをお客様に納品させていただいた際、製品の品質面でご不便をお掛けしてしまったことがありました。その理由は、当初想定していた現場での操作がヒアリング内容やデータベースとは異なっていたから。自分の想定が甘く、ご担当者様から厳しいお言葉をいただきましたが、本当に求める仕様に変更することで、有り難いお言葉と評価をいただくことにつながりました。

広く、深くを追求して、スペシャリストに

技術者には、分野を広げるほどひとつの分野のスペシャリストになれないというジレンマがありますが、これまで搬送機の電気設計、ソフト設計、システム設計などを行ってきた私としては、今後は搬送機という分野に特化する形で「さらに広く、深く」を目指し、ソフト実装からアプリケーション開発、システム開発、回路設計なども行える制御技術のスペシャリストを目指していきたいです。そのために貪欲に知識と技術を吸収していきます。

上司コメント

取締役 技術統括部長/赤堀

~技術者としてのスキルを身につける~
新技術、社会動向、お客様の環境などに常に目を向け、技術革新に取り組み続けたいと考えています。技術者には高いスキルが求められますが、すぐに身につくものではありません。「何事も努力すれば叶う」という信念と関連業務をよく知る事が大切です。当社では、新人研修時に将来のスキルアップに繋がるメニューを用意しています。

~お客様のことを考え、妥協しない~
製品の品質は、企業が品質に取り組む姿勢、『企業品質』によって決まると考えています。常に使用されるお客様の事を考え、決して妥協を許さず技術開発に取り組む事が、お客様が満足される『企業品質』に繋がってゆきます。そして、お客様から『ありがとう!』と言って頂ける事が技術者として最もやりがいを感じるときだと思います。