デイサービス暖団が高齢者トレーニング指導者講習会で実技指導を実施


12月5日、京都府が主催する「高齢者トレーニング指導者講習会」が京都府立体育館で開催され、
弊社デイサービス暖団 西大路の職員が実技指導を行いました。
このイベントは、高齢者がいきいきと暮らすためのトレーニングを行う指導者の育成を目指すもの。
暖団では、京都大学大学院医学研究科 人間健康科学科の研究チームと昨年夏から高齢者の転倒予防トレーニングを共同研究しており、同研究チームも講義と実技指導を行いました。
デイサービス暖団 西大路の職員は、「高齢者の基礎体力づくり」と題し、暖団で行っているトレーニングを参加者に指導。実際に参加者とともにトレーニングをしながら、体のどの部位にどんな効果が表れてくるのかを説明しました。
デイサービス暖団 西大路の職員は、「参加したトレーニング指導者には50代・60代も多く、ときには歯を食いしばりながらも、意欲的に学んでおられました。暖団以外の場での運動指導は初めてでしたが、普段聞くことのできない貴重なご意見や、色々な世代の方と運動を通して交流でき、自分自身良い経験になりました。今後も、高齢者の運動指導を暖団から様々な分野へ発信できるよう努めていきます」と語っています。

[ 講習会の様子1 ]
高齢者トレーニング指導者講習会
[ 講習会の様子2 ]
デイサービス暖団


本件に関するお問い合わせ先 :
こちらのお問い合わせフォーム、 又は医療営業部までお願い致します。


PAGETOP